BIBFRAME関係仕様

BIBFRAME関係仕様 草案(2014年4月25日)

本バージョン: http://www.loc.gov/bibframe/docs/bibframe-relationships.html(オリジナル版)

本文書のステイタス

  • パブリックレビューのための草案(2014年4月25日)
  • 本文書に関するコメントはメーリングリストbibframe@loc.govに投稿いただくか、bfcomments@loc.gov宛にメールでお願いします。
  • 法律が許す限りにおいて、議会図書館は本文書に関するすべての著作権、関連または隣接する権利を放棄する。

1. はじめに

BIBFRAME関係とは、BIBFRAME著作またはBIBFRAMEインスタンスと他のBIBFRAME著作またはBIBFRAMEインスタンスとの関係である。
したがって、次の4種類の関係が存在する。

  1. 著作と著作
  2. 著作とインスタンス
  3. インスタンスと著作
  4. インスタンスとインスタンス

関係は、RDFトリプル(主語/述語/目的語)で表現される。例えば

WorkA bf:precedes WorkB’ .

RDFトリプルの主語と目的語は非公式では各々「主語リソース」および「目的語リソース」と呼ばれている。
次の例はBIBFRAME著作とBIBFRAME著作の関係を示している。BIBFRAME著作 "Adventures of Tom Sawyer – Hebrew"(work1, 主語著作)は "Adventures of Tom Sawyer"(work2, 目的語著作、ここには示されていない)の翻訳である。

<bf:Work rdf:about="http://bibframe.examples.org/work1”>
    <bf:workTitle>
       <bf:Title>
          <bf:titleValue>Adventures of Tom Sawyer </bf:  titleValue>
          <bf:titleAttribute>Hebrew</bf: titleAttribute>
       </bf:Title>
    </bf:workTitle>
    <bf:creator>
       <bf:Authority>
          <bf:authorizedAccessPoint>Twain, Mark,  1835-1910</bf:authorizedAccessPoint>
       </bf:Authority>
    </bf:creator>
    <bf:isTranslationOf rdf:resource=” http://bibframe.examples.org/work2”/>
</bf:Work>

図 1: 著作と著作の関係

2. 著作とインスタンスをつなぐ関係

BIBFRAME著作とBIBFRAMEインスタンスは述語 bf:hasInstance と bf:instanceOf を使って表現される関係を通じて結合される。

次の著作とインスタンスの関係では、BIBFRAME著作は印刷体のペーパーバックのインスタンスを持っている。この関係は述語 bf:hasInstance で表現されている。

<bf:Work rdf:about="http://bibframe.examples.org/work2”>
    <bf:workTitle>
       <bf:Title>
          <bf:titleValue>Paradise lost</bf:titleValue>
       </bf:Title>
    </bf:workTitle>
    <bf:creator>
       <bf:Authority>
          <bf:authorizedAccessPoint> Milton, John, 1608-1674</bf:authorizedAccessPoint>
       </bf:Authority>
    </bf:creator>
    <bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.examples.org/instance1”/>
</bf:Work>

図 2a: 著作とインスタンスの関係: hasInstance.

次のインスタンスと著作の関係は上の関係の逆である。すなわち、主語と目的語が反転している。主語のインスタンスはペーパーバックであり、この関係はこれが上の例のBIBFRAME著作のインスタンスであることを表している。

<bf:Instance rdf:about="http://bibframe.examples.org/instance1">
    <bf:instanceTitle>
       <bf:Title>
          <bf:titleValue> Paradise lost </bf:titleValue>
       </bf:Title>
    </bf:instanceTitle>
    <bf:isbn>0192833197</bf:isbn>     
    <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.examples.org/work2”/>
</bf:Instance> 

図 2b. インスタンスと著作の関係: instanceOf. 

先頭に戻る

3. 他のリソースとの関係

本節ではBIBFRAMEで特に定義されているその他の関係を説明する。4節ではBIBFRAME語彙に名前付きプロパティとして含まれているすべての関係のリストを示す。

3.1. 著作、表現形、翻訳

図3のa-eは3つのBIBFRAME著作、すなわち、オリジナルと2つの表現形の間の関係を示している。2つの表現形は翻訳書である。各著作についてインスタンスが1つ示されている。

<bf:Work rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”>
   <bf:workTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Freres Zemganno</bf:titleValue>
 	     <bf:titleAttribute>french</bf:titleAttribute>
       </bf:Title>
   </bf:workTitle>
   <bf:creator>
      <bf:Authority>
         <bf:authorizedAccessPoint>Goncourt, Edmund de, 1822-1896</bf:authorizedAccessPoint>
      </bf:Authority>
   </bf:creator>
   <bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance1”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work2”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work3”/>
</bf:Work> 

図 3.1a: オジリナル著作はインスタンスを1つと関連する表現形を2つ持っている。

<bf:Instance rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/instance1”>
   <bf:instanceTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Freres Zemganno</bf:titleValue>
       </bf:Title>
   </bf:instanceTitle>
   <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
</bf:Instance> 

図 3.1b: オリジナル著作のインスタンス。

<bf:Work rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/work2”>
   <bf:workTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Freres Zemganno</bf:titleValue>
 	     <bf:titleAttribute>english</bf:titleAttribute>
       </bf:Title>
   </bf:workTitle>
   <bf:creator>
      <bf:Authority>
         <bf:authorizedAccessPoint>Goncourt, Edmund de, 1822-1896</bf:authorizedAccessPoint>
      </bf:Authority>
   </bf:creator>
   <bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance2”/>
   <bf:expressionOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
</bf:Work> 

図 3.1c: オリジナル著作の表現形: 英語の翻訳書

<bf:Instance rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/instance2”>
   <bf:instanceTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Freres Zemganno</bf:titleValue>
       </bf:Title>
   </bf:instanceTitle>
   <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work2”/>
</bf:Instance> 

図 3.1d: 1つ目の表現形のインスタンス

<bf:Work rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/work3”>
   <bf:workTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Freres Zemganno</bf:titleValue>
 	     <bf:titleAttribute>italian</bf:titleAttribute>
       </bf:Title>
   </bf:workTitle>
   <bf:creator>
      <bf:Authority>
         <bf:authorizedAccessPoint>Goncourt, Edmund de, 1822-1896</bf:authorizedAccessPoint>
      </bf:Authority>
   </bf:creator>
   <bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance3”/>
   <bf:expressionOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
   <bf:hasExpression rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work1”/>
</bf:Work> 

図 3.1e: オリジナル著作の別の表現形: イタリア語の翻訳書

<bf:Instance rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/instance3”>
   <bf:instanceTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>I Fratelli Zemganno</bf:titleValue>
       </bf:Title>
   </bf:instanceTitle>
   <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work3”/>
</bf:Instance> 

図 3.1f: 2つ目の表現形のインスタンス

先頭に戻る

3.2. 同等のインスタンス

図3.2のa-cはBIBFRAME著作と2つのインスタンスの間の関係を示している。2つのインスタンスは内容は同じであるが、1975の再出版の際にオリジナル(1930)のタイトルが変更になったものである。

<bf:Work rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/work4”>
   <bf:workTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Venice</bf:titleValue>
       </bf:Title>
   </bf:workTitle>
   <bf:creator>
       <bf:Authority>
 	     <bf:authorizedAccessPoint>Roth, Celil, 1899-1970</bf:authorizedAccessPoint>
       </bf:Authority>
    <bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance4”/>
<bf:hasInstance rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance5”/> </bf:Work>

図 3.2a: 著作は2つのインスタンスを持つ

<bf:Instance rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/instance4”>
   <bf:instanceTitle>
      <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>Venice</bf:titleValue>
      </bf:Title>
   </bf:instanceTitle>
   <bf:providerDate>1930</bf:providerDate>
   <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work4”/>
<bf:hasEquivalent rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance5”/> </bf:Work>

図 3.2b: 著作の1番目のインスタンスは2番めのインスタンスと同等である

<bf:Instance rdf:about=”http://bibframe.rda.examples.org/instance5”>
   <bf:instanceTitle>
       <bf:Title>
 	     <bf:titleValue>History of the Jews in Venice</bf:titleValue>
       </bf:Title>
   </bf:instanceTitle>
   <bf: providerDate>1975</bf:providerDate>
   <bf:instanceOf rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/work4”/>
   <bf:hasEquivalent rdf:resource=”http://bibframe.rda.examples.org/instance4”/>
</bf:Instance> 

図 3.2c: 著作の2番目のインスタンスは1番目のインスタンスと同等である

先頭に戻る

4. 外部の関係

上の例における関係(そして次節でまとめられている関係)はすべてBIBFRAMEプロパティ、すなわちBIBFRAM名前空間を持つプロパティで表現されている。しかし、BIBFRAME関係はBIBFRAMEプロパティに限定されるわけではない。主語リソースと目的語リソースのいずれもがBIBFRAME著作またはBIBFRAMEインスタンスである関係はすべて、たとえBIBFRAMEとは異なる名前空間の関係性プロパティであっても、そのプロパティの定義にこのような使用を妨げる制約(すなわち、ドメインまたはレンジでBIBFRAME著作またはBIBFRAME インスタンスを除外する)がなければ、BIBFRAME関係である。

仮想的な例として、名前空間http://www.museum.example.org/  (プリフィックス “museum:”)を持つ博物館オブジェクトの記述のためのオントロジが存在すると仮定する。

BIBFRAME WorkAがある塑像を記述し、BIBFRAME WorkBがその塑像の鋳物を記述していると仮定する。また、museum: オントロジにはドメインとレンジの両者に bf:Work を含んでいる関係性プロパティ museum:castingOf を定義していると仮定する。

この場合、次のRDFトリプルはBIBFRAME関係である。
            bf:WorkB        museum:castingOf        bf:WorkA      

先頭に戻る

5. 関係とプロパティ

5.1. 基本的関係

次の表は基本的な関係のタイプについて、そのタイプを表すBIBFRAMEプロパティ、およびそのドメインとレンジを示している。

BIBFRAME関係タイプ プロパティによる表現 ドメイン レンジ
著作と著作 bf:relatedWork bf:Work bf:Work
著作とインスタンス bf:hasInstance bf:Work bf:Instance
インスタンスと著作 bf:instanceOf bf:Instance bf:Work
インスタンスとインスタンス bf:relatedInstance bf:Instance bf:Instance
不定 bf:relatedTo 不定 不定

著作とインスタンスの(現在定義されている)唯一の関係は bf:hasInstance であり、インスタンスと著作の(現在定義されている)唯一の関係は bf:instanceOf である。
すべてのBIBFRAME関係性プロパティ(完全なリストは以下の表で示される)は、(著作と著作の関係に関しては)bf:relatedWork の、(インスタンスとインスタンスの関係に関しては)bf:relatedInstance のサブプロパティである。ただし、主語ないしは目的語が著作またはインスタンスのいずれかである関係性プロパティには例外が存在する。

(bf:relatedWork と bf:relatedInstance を含む)すべての関係性プロパティは bf:relatedTo のサブプロパティである。

5.2. 関係性プロパティの一覧表

次の表は現在BIBFRAME語彙で定義されているすべての関係性プロパティの一覧である。

一般的関係
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
relatedTo 著作 または インスタンス 著作 または インスタンス   著作またはインスタンスと別の著作またはインスタンスとの間の任意の関係
relatedWork 著作 著作 relatedTo 一般的な著作と著作の関係
relatedInstance インスタンス インスタンス relatedTo 一般的なインスタンスとインスタンスの関係
著作とインスタンス
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
hasInstance 著作 インスタンス relatedTo 著作は関連するインスタンス/体現形を持つ
インスタンスと著作
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
instanceOf インスタンス 著作 relatedTo このリソースがインスタンス化または体現化した著作
ドメイン/レンジが不定
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
hasEquivalent 不定 不定 relatedTo ある著作について記述リソース(s)と同じ表現を具現化しているインスタンス(o)
hasDescription 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)を分析、コメント、批評、評価、その他の記述をする関連リソース(o)
descriptionOf 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)により分析、コメント、批評、評価、その他の記述をされる関連リソース(o)
hasPart 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)に物理的または論理的に含まれるリソース(o)
partOf 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)が物理的または論理的に含まれているリソース(o)
accompanies 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)に追加または一緒に発行されるリソース(o)
accompaniedBy 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)を追加リソースとして持つリソース(o)
precededBy 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)に先行する(たとえば、時間的に早い、物語上前の)リソース(o)
succeededBy 不定 不定 relatedTo 記述リソース(s)の後を継ぐ(たとえば、時間的に遅い、物語上後の)リソース(o)
hasDerivative 不定 不定 relatedTo 著作(s)は自身が元となる改変物(o)を持つ
derivativeOf 不定 不定 relatedTo 著作(s)は元となる著作(o)の改変物である
著作と著作
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
absorbed 著作 著作 precededBy 別の著作(o)に吸収された著作(s)
absorbedInPart 著作 著作 precededBy 別の著作(o)の一部として吸収された著作(s)
continues 著作 著作 precededBy 新たなタイトルの下、後継の著作(o)のコンテンツにより継続された著作(s)
continuesInPart 著作 著作 precededBy 新たなタイトルを持つ2つ以上の別の著作(o)に分割された著作(s)
separatedFrom 著作 著作 precededBy 一部のコンテンツが新たな著作(o)として分離した著作(s)
supersedes 著作 著作 precededBy 通常は後続の著作が更新または新規情報を持つために、コンテンツが後続の著作(o)により置き換えられた初期の著作(s)。
supersedesInPart 著作 著作 precededBy 通常は後続の著作が更新または新規情報を持つために、コンテンツが後続の著作(o)により部分的に置き換えられた初期の著作(s)。
unionOf 著作 著作 precededBy 新たな著作(s)となるため一体となった2つ以上の著作の1つ(o)
absorbedBy 著作 著作 succededBy 別の著作(s)を合併する著作(o)
absorbedInPartBy 著作 著作 succededBy 別の著作(s)のコンテンツの一部を合併する著作(o)
continuedBy 著作 著作 succededBy 新たなタイトルの下、コンテンツが先行の著作(s)を継続する著作(o)
continuedInPartBy 著作 著作 succededBy コンテンツの一部が先行の著作から離れ新たな著作(o)を形成した著作(s)
supersededBy 著作 著作 succededBy 通常、後継著作が更新または新規情報を持つため、先行著作(s)の代わりに使用された後継著作(o)
supersededInPartBy 著作 著作 succededBy 通常、後継著作が更新または新規情報を持つため、先行著作(s)の代わりに一部が使用された後継著作(o)
mergedToForm 著作 著作 succededBy 新たな著作(s)となるため一体となった2つ以上の著作の1つ(o)
splitInto 著作 著作 succededBy 先行著作(s)の複数の著作への分割による生じた2つ以上の著作の1つ(o)
subseries 著作 著作 hasPart 著作(s)は別のシリーズの一部であり、かつ、著作(o)が自身の分冊として発行されている
series 著作 著作 partOf (TODO)著作(o)が分冊として発行されている著作(s)。上位の著作のタイトルが分冊上に表記されている。
subseriesOf 著作 著作 partOf 分冊(s)が常に表記されている著作(o)。上位のタイトルがサブシリーズのすべての号または分冊に表記されている。
hasExpression 著作 著作 relatedTo 著作は関連する表現形を持つ。
expressionOf 著作 著作 relatedTo 表現形は関連する著作を持つ。
originalVersion 著作 著作 derivativeOf インスタンスはこのリソースが複製したオリジナル版である。
otherEdition 著作 著作 derivativeOf リソースは他に利用可能な版(例えば、同時に刊行された別言語の版やリプリントなど)を持つ。
translation 著作 著作 derivativeOf
hasDerivative
元となる実体(s)のテキストをオリジナルとは異なる言語に翻訳した著作(o)。
translationOf 著作 著作 hasDerivative
derivativeOf
翻訳された著作。すなわち、オリジナル著作の言事は異なる言語で表現されたテキスト。
supplement 著作 著作 accompaniedBy 主たる著作を更新または何らかの補足をする著作。
Index
index
著作 著作 accompaniedBy 著作は附属の索引を持つ
findingAid 著作 著作 accompaniedBy 関係は、アーカイブ資料、視覚資料、手書き資料を探すためのツールまたは同等な管理資料である。
supplementTo 著作 著作 accompanies 増補著作(s)により更新または何らかの補足をされる著作(o)。
dataSource 著作 著作 relatedTo 記述リソースに関係するデータソースである著作。他のファイル、印刷資料、収集方法などに関する情報を含んでいる場合がある。
インスタンスとインスタンス
プロパティ名 ドメイン レンジ 親プロパティ 定義
issuedWith インスタンス インスタンス relatedInstance 記述されている体現形と同じ媒体上で刊行されたインタンス。
reproduction インスタンス インスタンス hasEquivalent 同一の著作を体現している別のインスタンスを再生するインスタンス。
otherPhysicalFormat インスタンス インスタンス hasEquivalent 他の物理媒体で体現化されたリソース。

先頭に戻る