BIBFRAMEユースケースと要件

2013年8月21日

オリジナル


本バージョン:
http://bibframe.org/documentation/bibframe-usecases/20130821.html
最新バージョン:
http://bibframe.org/documentation/bibframe-usecases/
前バージョン:
http://bibframe.org/documentation/bibframe-usecases/20130814.html
編者:
Eric Miller, Vicki Mueller, Uche Ogbuji, Kathy MacDougall, Zepheira
貢献者(アルファベット順):
Jan Ashton, British Library; Alan Danskin, British Library; Corine Deliot, British Library; Ray Denenberg, Library of Congress; Nancy Fallgren, National Library of Medicine; Ted Fons, OCLC Online Computer Library Center, Inc.; Kevin Ford, Library of Congress; Jean Godby, OCLC Online Computer Library Center, Inc.; Reinhold Heuvelmann, German National Library; Sally McCallum, Library of Congress; Jackie Shieh, George Washington University Libraries; Nate Trail, Library of Congress

本文書のステイタス

本文書はレビュー目的でBIBFRAMEコミュニティに公開するものであり、ディスカッション・ペーパーである。本文書は将来些細な修正または大きな変更を受けた更新版で置き換わる場合がある。いずれの場合も、前バージョンへのアクセスは維持される予定である。

本文書に関する一般的なコメントはBIBFRAMEイニシアティブメーリングリストに投稿をお願いしたい。

法律が許す限りにおいて、 議会図書館は本文書に関するすべての著作権、関連または隣接する権利を放棄する。本文書は合衆国で発行された。 CC0


1. 摘要

本書はBIBFRAMEのユースケース、要件、目的を述べる。本書はBIBFRAMEがこれまでの、そして今後現れるユースケースをいかに支援するかを示し、また、BIBFRAMEのユースケースにおけるコミュニケーション環境を述べる。各ユースケースについて、それを支援する要件、および設計目標を定義する。

2. はじめに

BIBFRAMEは図書館データをWebに統合するためのモデルであり、相互運用性、検索・取り込みに新たな可能性をもたらすものである。 ここで述べるユースケースはより広い情報コミュニティのBIBFRAMEデータを取り込むためにに従来のコミュニケーションシナリオに追加さえるものである。このユースケースでは対象となる文脈を示し、アクターとアクション、その動機を定義し、その結果を明らかにする。成功の指標(例えば、アクターが結果に満足した)だけでなく、事前条件(アクターが検索すべき場所を知っていた、権限を有していたなど)と事後条件(アクターが検索を実行したなど)も必要に応じて示している。

以下のユースケースは包括的なものではないが、BIBFRAMEを開発した動機を特徴づけるものである。これらのユースケースは既存の実践や現在進行中のプロジェクト、近い将来の実現性にもとづいている。ユースケースは要件、すなわちBIBFRAMEに不可欠な機能に関する判断を行うための情報を提供している。ユースケースの中にはあれば良いがまだクリティカルパスにはない設計目標を示しているものもある。

ユースケースで検討するパターンマッチングやその結果であるBIBFRAMEデータ、コミュニケーション・プロトコルの説明するためにクエリパターンやサンプルレスポンスデータ、プロトコルトランザクションを(適宜)提供している。クエリ結果はSPARQLの一般的なパターンに従っているが、多くの場合不十分である。サンプルレスポンスデータはRDF Turtle形式で示し、RDFの形式主義と人間の可読性のバランスをはかった。これらの詳細は事実上教育目的で作成しているので、実用的な観点からは多くの場合不十分であり、最適性にも欠けるものである。より詳細な例はBIBFRAMEテストケースハーネスに見ることができる。

3. ユースケース

3.1. 近くにある本(インスタンスの所蔵の特定)

アレックスは「Phantom Tollbooth」の読書感想文を書いている。残念なことに、彼はうっかりして本をバスに置き忘れてしまい見ることができない。感想文の締め切りは明日である。この「問題」を解決するためにアレックスのママは近くの図書館にこの本が所蔵されているか探している。

注: 以下のユースケースは、同一のクエリと応答データに関する話し言葉による説明を提供するためにアノテーションが施されている。これはこれ以降のユースケースの説明を助ける目的で行っている。アノテーションはアイコンを押すことで見ることができる。

3.1.1. クエリパターン

アレックスのママはiPadのアプリケーション「Books Near Me」を起ち上げて「Phantom Tollbooth}を探した。このアプリケーションは彼女の現在位置を知っており、デフォルトで30マイル内の図書館を探している。

SELECT ?work ?inst ?lib 
WHERE {
  ?work bf:title "Phantom Tollbooth"
  ?inst bf:instanceOf ?work
  ?holdings bf:holds ?inst
  ?holdings bf:heldBy ?lib
  ?lib gs:nearby(40.1583 83.0742 30) .
}

3.1.2. サンプルレスポンス

検索の結果、コロンバス市立図書館の2つの地区図書館に所蔵されているタイトル「Phantom Tollbooth」のBIBFRAMEの著作とインスタンスがヒットした。

@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> .
@prefix bf: <http://bibframe.org/vocab/> .

<http://local.library.org/examples/phantom-tollbooth/test001/w1> 
    a bf:Monograph ;
    a bf:Work ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/norton_juster> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/adventure-novel> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/modern-fairy-tale> ;
    bf:title "Phantom Tollbooth" ;
    bf:summary "The Phantom Tollbooth is a children's adventure novel and modern fairy tale by Norton Juster." .

<http://local.library.org/examples/juster/test001/i1> 
    a bf:HardcoverBook ;
    a bf:Instance ;
    bf:ISBN "0-394-81500-9" ;
    bf:date "1961" ;
    bf:publisher <http://bibframe.org/auth/org/Random-house> ;
    bf:isInstanceOf <http://bibframe.org/examples/phantom-tollbooth/test001/w1> .

<http://local.library.org/examples/annotation/test001/1> 
    a bf:Holdings;
    a bf:Annotation;
    bf:holds <http://bibframe.org/examples/juster/test001/i1>;
    bf:heldBy <http://bibframe.org/library/worthington_public>;
    bf:callNumber "J FICTION JUSTER NORTON";
    bf:assertedBy <http://bibframe.org/library/columbus_metro>.

<http://local.library.org/examples/annotation/test001/2> 
    a bf:Holdings;
    a bf:Annotation;
    bf:holds <http://local.library.org/examples/juster/test001/i1>;
    bf:heldBy <http://local.library.org/library/dublin_public>;
    bf:callNumber "J FICTION JUSTER NORTON";
    bf:assertedBy <http://local.library.org/library/columbus_metro>.

3.1.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索(Graph Based Search), プロパティ識別(Property Identity), リソース識別(リソース識別), サードパーティ付加価値サービス(Third Party Value Add)

3.2. モバイル読書(タイプによるインスタンスの発見)

ウィリアムはレイ・ブラッドベリの「華氏452度」をタブレットで読みたいと思った。彼は近くの図書館に行き、タブレットを図書館ネットワークに登録し、タブレットにあったブラッドリの「華氏451度」のインスタンスを閲覧のみできるように設定した。

3.2.1. クエリパターン

ウィリアムの要求を満たすために、「華氏451度」をタイトルに持つBIBFRAME著作を検索した。この著作に関連するすべてのインスタンスからタイプがEbookで、ウィリアムのタブレットで読めるフォーマットのものを探した。

SELECT ?work ?inst
WHERE {
  ?work bf:title "Fahrenheit 451"
  ?work bf:hasInstance ?inst
  ?inst rdf:type bf:EBook
  ?inst bf:format <http://idpf.org/epub>
}

3.2.2. サンプルレスポンス

ウィリアムのクエリに対するレスポンスで、検索エンジンはタイトルが「華氏451度」の bf:Work で、ウィリアムのタブレットで読めるebookフォーマットの bf:Instance を見つけた。

<http://local.library.org/examples/bradbury/test001/w1>
  a bf:Monograph ;
  a bf:Work ;
  bf:author <http://bibframe.org/auth/person/ray_bradbury> ;
  bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
  bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/State-sponsored_terrorism> ;
  bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/book_burningFiction.> ;
  bf:title "Fahrenheit 451: A Novel" ;
  bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/bradbury/test001/i1> ;
  bf:summary "Guy Montag is a fireman. In his world, where television rules and literature is on the brink of extinction, firemen start fires rather than put them out. His job is to destroy the most illegal of commodities, the printed book, along with the houses in which they are hidden." .

<http://local.library.org/examples/bradbury/test001/i1>
  a bf:EBook ;
  a bf:Instance ;
  bf:ISBN "1451673310" ;
  bf:date "2012" ;
  bf:publisher <http://bibframe.org/auth/org/Simon_schuster> ;
  bf:format <http://idpf.org/epub> ;
  bf:isInstanceOf <http://local.library.org/examples/bradbury/test001/w1> .

3.2.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索, プロパティ識別, リソース識別

3.3. 検索の拡大(著作の派生作品の発見)

スーの古典学201のための研究論文でホメロスのオデッセイのテーマを見つけなければならない。それは現代に関連するからだ。彼女はオデッセイのペーパーバックを持っているが、この作品の様々な派生物(映画、演劇、翻訳書など)も研究に役立つだろうと考えた。これを行うために、まず、自分の持っているインスタンスに関係する著作を見つけ、そこから、その他の関連著作との様々な関係を探った。

3.3.1. クエリパターン

タイトルが「オデッセイ」で、著者がホーマー(VIAFで一意に識別)のBIBFRAME著作を検索する。これらの結果のすべてについて、関連する他の著作を見つける。

SELECT ?work ?related
WHERE {
  ?work bf:title "Odyssey"
  ?work bf:author viaf:Homer
  ?work bf:isBasisFor ?related
  ?related rdf:Type bf:Work
}
		

3.3.2. サンプルレスポンス

結果には、その元となるモノグラフとともにオデッセイのフィルムも含まれている。

@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> .
@prefix bf: <http://bibframe.org/vocab/> .

<http://local.library.org/examples/homer/test001/w1>
    a bf:Monograph ;
    a bf:Work ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/homer> ;
    bf:translator <http://bibframe.org/auth/person/Fagles> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/Epic_poetry_Greek> ;
    bf:title "The Odyssey" ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/homer/test001/i1> ;
    bf:isBasisOf <http://local.library.org/examples/homer/test001/w2> ;
    bf:summary "The Odyssey is literature's grandest evocation of everyman's journey through life. In the myths and legends that are retold here, renowned translator Robert Fagles has captured the energy and poetry of Homer's original in a bold, contemporary idiom and given us an Odyssey to read aloud, to savor, and to treasure for its sheer lyrical mastery. This is an Odyssey to delight both the classicist and the general reader, and to captivate a new generation of Homer's students." .

<http://local.library.org/examples/homer/test001/w2>
    a bf:Film ;
    a bf:Work ;
    bf:director <http://bibframe.org/auth/person/konchalovskiy> ;
    bf:contributor <http://bibframe.org/auth/person/assante> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/Epic_poetry_Greek> ;
    bf:title "The Odyssey" ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/homer/test001/i2> ;
    bf:summary "his lavish adaptation of Homer's ancient epic--replete with exotic Maltese and Turkish locations, state-of-the-art special effects, and many bronzed muscles gleaming with sweat--chronicles the voyage home of a Trojan hero, Odysseus King of Ithaca, and includes many more scenes of his faithful, beautiful wife Penelope dodging leering suitors at home than Homer ever composed!" ;
    bf:isBasedOn <http://local.library.org/examples/homer/test001/w1> .
		

3.3.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索, プロパティ識別, リソース識別

3.4. 著者の検索(BIBFRAME典拠)

アンドレアは友達と合っている時に、息子と一緒に楽しめる何か良い子供の本がないかアドバイスを求めた。しばらく話し(互いにモンティ・パイソンのすべてが好きなことを発見した)後、友達は元モンティ・パイソンメンバーのテリー・ジョーンズが書いた一連のお話を推薦する。アンドレアはテリー・ジョーンズが書いた児童書を探し、自分の知らなかった全く新しい種類の子供向けのお話を発見する。

3.4.1. クエリパターン

Searching for BIBFRAME Works where the author is Terry Jones and the target audience is children.

SELECT ?work
WHERE {
  ?work bf:author viaf:TerryJones
  ?work rdf:type bf:Work
  ?work bf:targetAudience bf:JuvenileAudience
}

3.4.2. サンプルレスポンス

検索結果にはテリー・ジョーンズが書いた子供向けの2つのBIBFRAME著作が含まれている。

@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> .
@prefix bf: <http://bibframe.org/vocab/> .

<http://local.library.org/examples/jones/test001/w1>
    a bf:Monograph ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/terry_jones> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/fairy_tales> ;
    bf:title "Fairy Tales" ;
    bf:targetAudience <http://bibframe.org/auth/audiences/juvenile> ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/jones/test001/i1> ;
    bf:summary "A collection of thirty original fairy tales introducing such beings as the fly-by-night, the rainbow cat, and the wonderful cake-horse." .

<http://local.library.org/examples/jones/test002/w1>
    a bf:Monograph ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/terry_jones> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/fairy_tales> ;
    bf:title "Fantastic stories" ;
    bf:targetAudience <http://bibframe.org/auth/audiences/juvenile> ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/jones/test002/i1> ;
    bf:summary "A collection of stories, mostly original fairy tales, including 'The Dragon on the Roof', 'Eyes-All-Over', 'The Flying King' and 'Touch the Moon'." .

3.4.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索, プロパティ識別, リソース識別

3.5. 目録作業で著作を見つける(ローカルアノテーション)

スーは図書館が開催したデビッド・セダリス氏による講演会から戻った。デビッドは親切でスーが図書館用に購入した「Let's Explore Diabetes with Owls」にサインしてくれた。彼女は興奮して、彼女が管理している「署名本」コレクションに入れるために目録を作成する。彼女は地域のコンソーシアムデータベースにBIBFRAMEインスタンスがないかISBN "9780316154697" で検索して、新たに bf:Instance を作成する必要があるか、所蔵アノテーションの追加で済むのか決定する。

3.5.1. クエリパターン

具体的なISBNでBIBFRAMEインスタンスを検索し、すべてのインスタンスと関連の著作を返す。

SELECT ?inst ?work
WHERE {
  ?inst bf:ISBN "9780316154697"
  ?inst bf:isInstanceOf ?work
}

3.5.2. サンプルレスポンス

検索の結果、指定のISBNを持つ bf:Instance と関連の bf:Work が見つかる。

@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> .
@prefix : <http://bibframe.org/vocab/> .

<http://local.library.org/examples/sedaris/test001/i1>
    a :HardcoverBook;
    a :Instance;
    :ISBN "9780316154697" ;
    :date "2013" ;
    :publisher <http://bibframe.org/auth/org/bt_bound> ;
    :isInstanceOf <http://local.library.org/examples/sedaris/test001/w1>.

<http://local.library.org/examples/sedaris/test001/w1>
    a :Monograph;
    a :Work;
    :author <http://bibframe.org/auth/person/david_sedaris> ;
    :hasInstance <http://bibframe.org/examples/sedaris/test001/i1> ;
    :language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;

3.5.3. ローカル所蔵アノテーション

スーは新たな所蔵アノテーションを作成し、これが署名本であることを示す。

<http://library.local.org/annotation/i1>
    a :Holding;
    :holds <http://local.library.org/examples/sedaris/test001/i1>;
    :assertedBy <http://library.local.org/people/sue>;
    :copyNote "Signed by author".

3.5.4. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索, プロパティ識別, リソース識別, サードパーティ付加価値サービス

3.6. 新たなインスタンスの目録作成(リンク付け)

オレンタンジー・リバティ高校(OLMS)図書館は非常に有名な夏の読書リストを持っていることが自慢だ。このリストをもっと知ってもらい、学生がこれらの本をもっと利用できるように、リストに載っている本の電子版を購入するための資金をPTOから獲得した。OLMS図書館はこれらの本の冊子体は持っている(それゆえ、OLMS図書館目録にはこれらの本の bf:Works がある)が、今回の作業は新たに購入する電子版の目録作成である。そのような図書の一例が「The Shadow Club」である。

OLMS図書館はローカル目録を持っているが、「コピーカタログ」を行うためにコンソーシアムを利用している。目録作業を行うために、OLMSの図書館員はこの電子版インスタンスの目録がすでにあるか調べるためにコンソーシアムを検索する。適当なインスタンス(出版社や発行日など)を見つけたら、そのインスタンスをローカル目録にコピーし、ローカルURIを付与し、この電子版のためのローカルインスタンスを既存の冊子体著作に関連付ける。彼女は自分が目録を作成して学生がこの電子版を利用できるようにしたことを示す所蔵情報を作成する。

以下のステップは、この概念を示すためにこの作業を時系列に示している。

3.6.1. 時系列1: クエリパターン

タイトルが「The Shadow Club」で電子本があるBIBFRAME著作をすべて検索する。

SELECT ?work ?inst
WHERE {
  ?work bf:title "The Shadow Club"
  ?work bf:hasInstance ?inst
  ?inst rdf:type bf:EBook
}

3.6.2. 時系列2: サンプルレスポンス

コンソーシアム目録から、該当する bf:Work とOLMS図書館の持つ電子本に一致する電子本インスタンスが見つかる。

<http://local.library.org/examples/shusterman/test001/w1>
    a bf:Monograph ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/neal_shusterman> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:title "The Shadow Club" ;
    bf:targetAudience <http://bibframe.org/auth/audiences/juvenile> ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/shusterman/test001/i1> ;
    bf:summary "When a junior high school boy and his friends decide to form a club of 'second bests' and play anonymous tricks on each other's arch rivals, the harmless pranks escalate until they become life-threatening."

3.6.3. 時系列3: リソースの更新

図書館員が bf:Instance をローカルシステムにコピーすると新たなローカルURIが付与される。彼女はローカルシステムにある bf:Work との関係 "isInstanceOf" を追加する。

<http://local.library.org/examples/shusterman/test001/i1>
    bf:isInstanceOf <http://olentangydistrict.library.org/examples/shusterman/test001/w1>

3.6.4. 時系列4: 新たな所蔵情報の追加

図書館員はローカルの bf:Instance に関係する新たな所蔵アノテーションを作成して、これはOLMS図書館がアクセス権を有する電子本「コピー」であることを表明する。

<http://library.local.org/annotation/i1>
    a bf:Holdings, bf:Annotation ;
    bf:holds <http://local.library.org/examples/shusterman/test001/i1> ;
    bf:assertedBy <http://library.local.org/people/mary> ;
    bf:date "2013-05-30"

3.6.5. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: グラフベースの検索, リソース識別, サードパーティ付加価値サービス

3.7. 既存の著作情報の修正(流用)

フィレンチェ国立中央図書館の図書館員であるステファノは、驚いたことに何らかの理由でローカル目録にも地域目録にもまだ登録されていなかったBarbablù(カート・ヴォネガットの「青ひげ」のイタリア語版)の目録を作成している。この作品が有名なことを考えて、ステファノはこの作品のオリジナルである英語版を検索する。そして、お気に入りの信頼できるサービスを数分検索して、探していたオリジナルの目録を見つけた。

目録作業を効率的に行うために、ステファノは検索サービスで見つけた目録情報を自館のBIBFRAME目録環境にドラッグ・アンド・ドロップした。この処理によりオリジナル目録を流用した目録がローカルのBIBFRAME目録インターフェースに自動的に作成される。この目録にはオリジナルソースの履歴が追加されている。ステファノはこの新たに流用した目録情報を変更して、記述情報を英語からイタリア語に翻訳し、翻訳家へのリンク、主題分類、オリジナル著作との明示的な関係(例えば、isTranslationOf)を追加する。そして、新たな著作目録として保存する。

この新たなBIBFRAME著作の保存により、ウェブ・トリガー(ウェブページの作者に自分のページヘのリンクが作成されたことをリンクを作成した作者が通知する一般的な方法)が生成される。このウェブ・トリガーはオリジナル著作の目録を作成した者に、翻訳作品の目録が新たに作成されたことを通知する。

フィレンチェ国立中央図書館は極めて信頼できる機関であるため、オリジナルの「青ひげ」の目録を作成したカタロガーは、他の機関のためにステファノが新たに作成したBarbablùの目録への正式なリンクとしてその独自モデルにあるisTranslationOf関係を保持したままでステファノが作成したイタリア語版の目録のコピーを作成する。

思っていたよりはるかに早く目録作業が終了したステファノはエスプレッソを入れて、Barbablùの最初の数章を楽しんだ。

以下は、このユースケースの概念を示すためにワークフローを時系列に示すものである。

3.7.1. 時系列 1: クエリパターン

ステファルのはオリジナルの英語版の目録を検索する。

SELECT ?inst ?work
WHERE {
  ?work bf:title "Bluebeard"
  ?work bf:author <http://bibframe.org/auth/people/kurt_vonnegut>
}

3.7.2. 時系列 2: サンプルレスポンス

そして、該当する目録を見つける。

<http://local.library.org/bluebeard/test001/w1>
    a bf:Monograph .
    bf:title "Bluebeard" ;
    bf:titleRemainder "a novel" ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/kurt_vonnegut> ;
    bf:classification "025.3 M465f 2008" ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/bluebeard/test001/i1> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/bar>, <http://bibframe.org/auth/subject/foo> ;
    bf:summary "Broad humor and bitter irony collide in this fictional autobiography of Rabo Karabekian, who, at age seventy-one, wants to be left alone on his Long Island estate with the secret he has locked inside his potato barn. But then a voluptuous young widow badgers Rabo into telling his life story and Vonnegut in turn tells us the plain, heart-hammering truth about mans careless fancy to create or destroy what he loves.".

3.7.3. 時系列 3: 流用

ステファノは編集するためにこの目録を「流用」する(データがコピーされ、新しい識別子が与えられた目録)。

<http://national.library.org/barbablu/test001/w1>
    a bf:Monograph .
    bf:title "Bluebeard" ;
    bf:titleRemainder "a novel" ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/kurt_vonnegut> ;
    bf:classification "025.3 M465f 2008" ;
    bf:hasInstance <http://national.library.org/bluebeard/test001/i1> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/love>, <http://bibframe.org/auth/subject/crazy> ;
    bf:summary "Broad humor and bitter irony collide in this fictional autobiography of Rabo Karabekian, who, at age seventy-one, wants to be left alone on his Long Island estate with the secret he has locked inside his potato barn. But then a voluptuous young widow badgers Rabo into telling his life story and Vonnegut in turn tells us the plain, heart-hammering truth about mans careless fancy to create or destroy what he loves.".
		

3.7.4. 時系列 4: 流用目録の更新

ステファノはこのレコードを変更して、テキストの翻訳、新たな主題分類と翻訳家へのリンクの追加などを行う。

<http://national.library.org/barbablu/test001/w1>
    a bf:Monograph .
    bf:title "Barbablù" ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/kurt_vonnegut> ;
    bf:translator <http://bibframe.org/auth/person/pier_francesco_paolini> ;
    bf:classification "025.3 M465f 2008" ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/ita> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/love>, <http://bibframe.org/auth/subject/crazy>, <http://bibframe.org/auth/subject/life> ;
    bf:summary "Nome: Rabo. Cognome: Karabekian. Nato a San Ignacio di California nel 1916 da genitori armeni. Stato civile: vedovo. Professione: pittore e collezionista d'arte. La grande casa ..." ;
    bf:isTranslationOf <http://local.library.org/bluebeard/test001/w1>.
		

3.7.5. 時系列 5: ウェブ・トリガー

システムは自動的にウェブ・トリガーを使って新たな翻訳版の目録をオリジナル版の目録所有者に通知する。

POST http://bibframe.org/bluebeard/test001/w1
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8

title=BIBFRAME:hasTranslation+Update+Request&url=http://library.local.org/barbablu/test001/w1

3.7.6. 時系列 6: オリジナルの更新

図書館やコンソーシアムのポリシーや慣行に基づいて、オリジナル版の目録を更新して翻訳版へのリンクを追加するか否かの判断を行う。

<http://local.library.org/barbablu/test001/w1>
    a bf:Monograph .
    bf:title "Bluebeard" ;
    bf:titleRemainder "a novel" ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/kurt_vonnegut> ;
    bf:classification "025.3 M465f 2008" ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/bluebeard/test001/i1> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/love>, <http://bibframe.org/auth/subject/crazy> ;
    bf:summary "Broad humor and bitter irony collide in this fictional autobiography of Rabo Karabekian, who, at age seventy-one, wants to be left alone on his Long Island estate with the secret he has locked inside his potato barn. But then a voluptuous young widow badgers Rabo into telling his life story and Vonnegut in turn tells us the plain, heart-hammering truth about mans careless fancy to create or destroy what he loves.";
    bf:hasTranslation <http://national.library.org/barbablu/test001/w1> .

3.7.7. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブ・トリガー, リソース識別

3.8. ローカルの目録慣行(拡張性)

ドイツ国立図書館(DNB)は内部フォーマット(Pica+)と目録フォーマット(Pica3)、複数の交換フォーマット(MARC 21, RDF, ONIXなどの特定のフォーマット)の区別を維持したいと考えている。内部フォーマットには最高レベルの粒度と柔軟性が与えられており、データ変換ハブの機能を果たしている。DNBの目的は自館のデータをBIBFRAMEで表現することであり、(次の段階としては)DNBリンクトデータサービスの一部として公開することである。Pica+で作成されるデータとBIBFRAMEの内部的関係を維持するために、対象出力である各レコードにローカルIDを含めるという方針が決定された。BIBFRAMEはRDFに基いているので、このIDを反映させるローカルプロパティを含める能力はデフォルトで備わっている。

BIBFRAMEとローカルDNB語彙の両者を利用するBIBFRAMEインスタンスデータの例を以下に示す。この例では、名前空間スコープを明確にするためにプリフィックスが追加されている。名前空間'dnb'はDNBローカルで使用するドイツ国立図書館の語彙を定義するのに使用されている。

@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#>.
@prefix bf: <http://bibframe.org/vocab/>.
@prefix dnb: <http://d-nb.info/vocab/>.

 <http://d-nb.info/101777644X>
   rdf:type bf:Instance;
   bf:instanceOf <http://d-nb.info/bf_temp/Work_101777644X>;
   bf:modeOfIssuance "Einbändiges Werk";
   bf:isbn13 "9783446427020";
   bf:isbn10 "3446427023";
   dnb:nbn "11,N51";
   dnb:nbn "13,A16";
   bf:note "Literaturangaben. - Zusätzliches Online-Angebot unter www.hanser-fachbuch.de/ebookinside".

3.8.1. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, プロパティ識別, 語彙の進化, グローバルシステムの利用によるローカル拡張

3.9. ローカル主題分類(典拠更新)

アンドレアは最近、タイトル101 Tips for Supporting Campers with Autismの目録を作成した。彼女はid.loc.govを利用してLCSHを検索することによりすぐに「精神障碍を持つ児童のためのキャンプ」と「自閉症スペクトラム」に関するBIBFRAME典拠トピックを見つけた。しかし実際には「自閉症スペクトラムの児童のためのキャンプ」に関連するより正確な件名を提案するのがベストであると結論づけた。従来彼女は単に既存の語彙を使用してきた。新しい語彙の提案プロセスには恐ろしいほどの時間がかかり、率直に言って彼女にはやらなければならない仕事が他にもたくさんあるからである。

しかし、BIBFRAMEでは「自閉症スペクトラムの児童のためのキャンプ」のためのローカル件名URIを作成し、これとより一般的なLCSH語彙との関係を記述すれば良い。

この新しいBIBFRAMEリソースを保存すると"BIBFRAME linker"プロセス(これは何十もあるオープンソースのRDFデータ収集・リンク走査ロボットの1つにすぎない)が実行され、新たに作成された目録に関係する様々なリンクを走査が行われる。この処理ではBIBFRAME典拠に含まれるリンクをたどることにより、LCSH語彙に対する「リンクバック」(ウェブの作成者が自分のページへのリンクが作成された旨の通知を受け取るための一般的な方法)を作成する。このリンクバックによりLCSHの編者は現在定義されているLCSH語彙に対するより詳細な提案語彙を検討する促される。

以下は、このユースケースの概念を示すためにワークフローを時系列に示すものである。

3.9.1. 時系列 1: 目録入力

アンドレアは著作101 Tips for Supporting Campers With Autismの目録を作成する。

<http://local.library.org/examples/autism/test001/w1>
    a bf:Monograph .
    bf:title "101 Tips for Supporting Campers With Autism" ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/Laurie_Tschetter> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:hasInstance <http://local.library.org/examples/autism/test001/i1> ;
    bf:subject <http://library.local.org/auth/topic/Camps_for_children_with_autism_spectrum_disorders>;
    bf:summary "This engaging and thoughtful book provides camp counselors and support staff with the information, skills, and strategies that are essential in working with campers with Autism Spectrum Disorder (ASD). 101 Tips for Supporting Campers With Autism shares real-life experiences as a way to help camp personnel and others who care about individuals with autism gain a better foundation of understanding of the complex world of people with autism.".

<http://library.local.org/auth/topic/Camps_for_children_with_autism_spectrum_disorders>
  a bf:Topic
  bf:label "Camps for children with autism spectrum disorders";
  bf:refines <http://id.loc.gov/authorities/subjects/sh2008009581>;

3.9.2. 時系列 2: トリガー

システムは、LCSHへの追加または変更を依頼するメカニズムとして作用するウェブトリガーを通じて、件名標目に対するローカルの改善案を自動的にLCSHの編者に通知する。

POST http://id.loc.gov/authorities/subjects/sh85019231
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8

title=BIBFRAME:refinement+Update+Request&url=http://library.local.org/auth/topic/Camps_for_children_with_autism_spectrum_disorders
POST http://id.loc.gov/authorities/subjects/sh85019253
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8

title=BIBFRAME:refinement+Update+Request&url=http://library.local.org/auth/topic/Camps_for_children_with_autism_spectrum_disorders

3.9.3. 時系列 3: 更新

議会図書館LCSH編者はリンクバンクリクエストを公開し、コミュニティが既存の変更提案を再利用できるようにし、コミュ二ティがLCSHの編集過程に参加できるようにする。議会図書館LCSH編者の方針または慣行に基いて、この新たな件名標目を表す新たなURIを作成するという判断が行われる。

3.9.4. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある:: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブ・トリガー, リソース識別

3.10. 受入-目録レコード更新(通知)

デラウェア公共図書館(DPL)の受入ライブラリアンであるエイミーは新しい図書を発注した後、著作、インスタンス、所蔵の各情報と所蔵状況を自館の目録に追加する。これにより他の図書館員や利用者は図書が「発注中」であり、まもなく利用可能になることを知ることができる。この新たに作成された著作情報の記述はまだ部分的なものである。彼女が発注した際にはまだコンソーシアムでも完全な目録が作成されていなかったためである。しかし、時間がたてば、その記述は充実したものになるだろう。

数週間後、DPLのカタロガーのドリューは新着図書を受け取り、関連のリソースがないか自館の目録を検索する。目録システムにログインすると、自館の目録にある著作情報にマッチするいくつか情報がDPL目録コンソーシアムにより更新されたことを知らされる。その中に手元にあるスティーヴン・キングスの新作小説「ジョイランド」も含まれていた。ドリューはコンソーシアムにより追加されたデータを持つ更新された著作情報を自館目録として取り込むを決めた。

3.10.1. 時系列 1: 発見

エイミーはコンソーシアム目録を検索して(自館のリンクトデータに関する方針に基づいて)新規発注した図書に関する著作とインスタンス情報のコピーを作成する。

<http://library.local.org/examples/king/test001/w1>
    a bf:Monograph ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/steven_king> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:title "Joyland" ;
    bf:hasInstance <http://bibframe.org/examples/king/test001/i1> ;

<http://library.local.org/examples/king/test001/i1>
    bf:ISBN "9780613174213" ;
    bf:date "2013" ;
    bf:isInstanceOf <http://bibframe.org/examples/kingtest001/w1> .

3.10.2. 時系列 2: 所蔵の追加

エイミーはこのインスタンスの所蔵情報も作成し、所蔵状態を含める。

<http://library.local.org/examples/annotation/king001/a1>
    a bf:Holdings;
    a bf:Annotation;
    bf:holds <http://bibframe.org/examples/king/test001/i1>;
    bf:heldBy <http://bibframe.org/library/delaware_public>;
    bf:status "on order";
    bf:assertedBy <http://bibframe.org/library/columbus_metro>.

エイミーの目録システムはDPLの所蔵情報をコンソーシアムシステムに登録し、オリジナルの bf:Work と新規作成されたローカル bf:Work との関係を示す履歴アノテーションという形でオリジナル bf:Work へのバックトラックを「パンくず」リストで残す。さらに、コンソーシアムに更新を求める情報を登録したことを表明するウォッチャーアノテーションを作成することでDPLローカルシステムは関連するbf:Workがコンソーシアムシステムで更新された場合に通知するよう依頼する。

<http://library.local.org/annotation/king001/w1>
    a bf:Annotation;
    a bf:Provenance;
    bf:origin <http://consortium.org/resource/king/w1>;
    bf:destination <http://library.local.org/examples/king/test001/w1>;
    bf:assertedBy <http://bibfra.me/bibedit/v1/>
    bf:copydate "2013-05-28".

 <http://library.local.org/annotation/king001/w2>
    a bf:Annotation;
    a bf:Watcher;
    bf:pingBack <http://library.local.org/hub/?id=http://library.local.org/examples/king/test001/w1>;
    bf:topic <http://consortium.org/resource/?id=http://consortium.org/resource/king/w1>;
    bf:annotationAssertedBy <http://bibfra.me/bibedit/v1/>;

3.10.3. 時系列 3: 目録の更新

コンソーシアムはスティーブン・キングの「ジョイランド」のWork情報を更新し、すべての登録システムに更新通知を送信する。更新通知はローカルシステムのbf:Workを更新するために必要な情報をすべてのシステムに提供する。

POST http://library.local.org/hub/?id=http://library.local.org/examples/king/test001/w1

3.10.4. 時系列 4: 目録の通知

朝、ドリューが目録システムにログインするとWorkレコードが更新されたことを知らせる通知を発見する。彼は変更を確認して、その更新を受け入れる。

<http://bibframe.org/examples/king/test001/w1>
    a bf:Monograph ;
    bf:author <http://bibframe.org/auth/person/steven_king> ;
    bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng> ;
    bf:title "Joyland" ;
    bf:subject "http://bibframe.org/auth/subject/City and town life -- North Carolina -- Fiction." ;
    bf:subject "http://bibframe.org/auth/subject/Amusement parks -- Fiction." ;
    bf:subject "http://bibframe.org/auth/subject/Nineteen seventies -- Fiction." ;
    bf:hasInstance <http://bibframe.org/examples/king/test001/i1> ;
    bf:summary "Set in a small-town North Carolina amusement park in 1973, Joyland tells the story of the summer in which college student Devin Jones comes to work as a carny and confronts the legacy of a vicious murder, the fate of a dying child, and the ways both will change his life forever." .

<http://bibframe.org/examples/king/test001/i1>
    a bf:Paperback ;
    bf:ISBN "9780613174213" ;
    bf:date "2013" ;
    bf:publisher <http://bibframe.org/auth/org/hardcase_crime> ;
    bf:isInstanceOf <http://bibframe.org/examples/kingtest001/w1>

3.10.5. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブ・トリガー, リソース識別

3.11. 名前典拠の調整(ウェブ通知)

ホイットマン大学図書館のカタロガーのダイアンは最近結婚して名前が変わった教員の名前変更依頼を担当している。ホイットマン大学は大学全体で幅広くBIBFRAMEを採用しているので、ダイアンの仕事は教員の典拠情報を変更するだけである。各典拠レコードにリンクしている全学システムではこれらの変更は直ぐに実行できる。典拠情報を複製している他のシステムでの通知と更新は各システムで定義されている更新頻度によるだろう。

3.11.1. 時系列 1: オリジナルの典拠

ホイットマン大学の教員のオリジナルの典拠レコード。

<http://whitman.library.org/auth/person/barbara>
  a bf:Person ;
  a bf:Authority ;
  bf:label "Barbara Whitney" ;
  foaf:firstName "Barbara" ;
  foaf:lastName "Whitney" ;
  foaf:department <http://whitman.library.org/auth/dept/mathematics>
		

3.11.2. 時系列 2: 典拠の更新

名前の変更に伴う教員典拠レコードの更新。

<http://whitman.library.org/auth/person/barbara>
  a bf:Person ;
  a bf:Authority ;
  bf:label "Barbara Whitney-Smith" ;
  foaf:firstName "Barbara" ;
  foaf:lastName "Whitney-Smith" ;
  foaf:department <http://whitman.library.org/auth/dept/mathematics>
		

この変更後のhttp://whitman.library.org/auth/person/barbaraへのHTTPリクエストは、このリソースが変更されたこと示すためにETAGとLast-Modifiedが更新されるので、ローカルのウェブキャッシュは更新されることになる。ETAGとHTTPキャッシュに関する情報はここを参照されたい。

HTTP/1.1 200 OK
Date: Mon, 24 Jun 2013 13:36:59 GMT
Server: Apache/2.2.14 (Ubuntu)
X-Powered-By: PHP/5.3.2-1ubuntu4.19
X-Pingback: http://whitman.library.org/bibframe-rpc.php
Vary: Accept-Encoding
ETag: "686897696a7c876b7e"
Last-Modified: Mon, 24 June 2013 04:58:08 GMT

注: この例ではリソースが変更されたことを他のウェブアプリケーションに通知する方法としてHTTPヘッダーを使用する受動的方法を示している。より積極的な「ウェブトリガー」による通知方式についてはユースケース受入-目録レコード更新(通知)に示されている。

3.11.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブトリガー, リソース識別

3.12. 名前典拠の調整(マージと重複除去)

カタロガーでスティーブン・キングの大ファンでもあるジョンは図書館がスティーブン・キングとリチャード・バックマン(キングの有名なペンネーム)両名義による著作を所蔵していることに気付いた。ジョンは利用者がキングの作品を検索した時にバックマンの作品も同時にヒットするようにしたいと考えた。

これを実現するためにジョンは、スティーブン・キングの典拠レコードとリチャード・バックマンの典拠レコードの間に"equivalence(同等)"関係を設定する。これにより、利用者はキング、バックマンいずれで検索しても両名の作品を得ることができる。

3.12.1. 時系列 1: 典拠レコード

図書館で使用されているローカル典拠レコード

<http://local.library.org/person/14790462>
 a bf:Person;
 bf:label "Richard Bachman";
 bf:hasVIAFLink <http://viaf.org/viaf/14790462>.

<http://local.library.org/person/97113511>
 a bf:Person;
 bf:label "Stephen King";
 bf:hasVIAFLink <http://viaf.org/viaf/97113511>.
		

3.12.2. 時系列 2: 同等性の表明

ジョンはスティーブン・キングとリチャード・バックマンは同一人物であると表明する。

<http://local.library.org/person/14790462>
  owl:sameAs <http://local.library.org/person/97113511>.

注: owl:sameAs の適用は必ずしも適当ではないある種のセマンティック条件を持つことになる。このプロパティはオントロジー制約を意味するというより単にその概念を示すために使用されるものである。「同一性」の適切なレベルに関してはさらなる議論が必要である。この問題については"When owl:sameAs isn’t the Same: An Analysis of Identity Links on the Semantic Web"によくまとめられている。

3.12.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブトリガー, リソース識別

3.13. 複数のWorkの畳み込み(マージと重複除去)

昨今の予算削減のため、より効率的なサービスをコミュニティに提供するべくシェルビービル図書館とスプリングフィールド図書館は合併することを決めた。両図書館は各々目録を持っているのでこれらをまとめて重複を除去した合同目録を作成しなければならない。

これを行うために、両館は何を持って重複とするかの規則を定め、これに合致するWorkとInstanceレコード間に「同等性」関係を設定する。両図書館が所蔵しているWorkの1つに「Simpsons Comics Big Bonanza」がある。

3.13.1. 時系列 1: Workレコード

2つの異なるBIBFRAME Work。

<http://shelbyville.library.org/examples/groening/test001/w1>
 a bf:Monograph;
 bf:author <http://bibframe.org/auth/person/matt_groening>;
 bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng>;
 bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/comic_strips>;
 bf:subject <http://bibframe.org/auth/subject/simpsons>;
 bf:title "Simpsons comics big bonanza";
 bf:summary "A collection of four comics featuring the famous animated family and their friends and acquaintances.".

<http://springfield.library.org/examples/groening/test001/w1>
 a bf:Monograph;
 bf:author <http://bibframe.org/auth/person/matt_groening>;
 bf:language <http://id.loc.gov/vocabulary/languages/eng>;
 bf:title "Simpsons comics big bonanza".

3.13.2. 時系列 2: 同等性の表明

2つのBIBFRAME Workが同膣であることを示すアサーション。

<http://shelbyville.library.org/examples/groening/test001/w1>
  owl:sameAs <http://springfield.library.org/examples/groening/test001/w1>.

注: owl:sameAs の適用は必ずしも適当ではないある種のセマンティック条件を持つことになる。このプロパティはオントロジー制約を意味するというより単にその概念を示すために使用されるものである。「同一性」の適切なレベルに関してはさらなる議論が必要である。この問題については"When owl:sameAs isn’t the Same: An Analysis of Identity Links on the Semantic Web"によくまとめられている。

3.13.3. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, ウェブトリガー, リソース識別

3.14. ローカル記述サービス(1つのインスタンスの複数所蔵)

英国図書館は利用者が特定の所蔵情報をスマートフォンアプリにコピーして検索結果を図書館の配架場所にプロットできる新サービスを検討している。

例えば、利用者がW.ライト著「Fishes and fishing. Artificial breeding of fish, anatomy of their senses, their loves, passions, and intellects」を検索した場合、このインスタンスの2つの異なる所蔵情報が見つかる。2つは少し損傷があり、もうひとつは著者の書入れがある。これらには異なる配架記号がついているので2つのリソースは異なる配架場所に表示されることになる。

以下の例は、同一のインスタンスデータの2つの異なる所蔵情報を反映している。

<http://bnb.data.bl.uk/id/resource/w003985048>
    a bf:LanguageMaterial ;
    bf:label "Fishes and fishing.  Artificial breeding of fish, anatomy of their senses, their loves, passions, and intellects." ;
    bf:author <http://bnb.data.bl.uk/id/person/WrightWilliam1773> .

<http://bnb.data.bl.uk/id/person/WrightWilliam1773>
    a bf:Authority ;
    bf:label "Wright, William, 1773-1860" .

<http://bnb.data.bl.uk/id/resource/i003985048-1>
    a bf:Book, bf:Instance ;
    bf:instanceOf <http://bnb.data.bl.uk/id/resource/w003985048> ;
    bf:extent "xi, [1], 384 p., [3] leaves of plates;" ;
    bf:dimensions "18 cm. (8ยพ)" ;
    bf:note "Printer's name from colophon" ;
    bf:note "Includes index" ;
    bf:publication <http://bnb.data.bl.uk/id/provider/12345> ;
    bf:manufacture <http://bnb.data.bl.uk/id/provider/98765> .

<http://bnb.data.bl.uk/id/resource/h003985048-1>
    a bf:Holding, bf:Annotation ;
    bf:annotates <http://bnb.data.bl.uk/id/resource/i003985048-1> ;
    bf:annotationAssertedBy "British Library" ;
    bf:location "British Library" ;
    bf:subLocation "HMNTS" ;
    bf:subCollection "General Reference Collection" ;
    bl:mapingService <http://services.bl.uk/mapping/HMNTS/7906.c.6> ;
    bf:physicalCondition "Imperfect: without the plate relating to page 152, headed 'Wright's eel tongs, or forceps'" ;
    bf:shelfmark "7906.c.6" .

<http://bnb.data.bl.uk/id/resource/h003985048-2>
    a bf:Holding, bf:Annotation ;
    bf:annotates <http://bnb.data.bl.uk/id/resource/i003985048-1> ;
    bf:annotationAssertedBy "British Library" ;
    bf:location "British Library" ;
    bf:subLocation "HMNTS" ;
    bf:subCollection "General Reference Collection" ;
    bl:mapingService <http://services.bl.uk/mapping/HMNTS/C.188.a.126> ;
    bf:copyNote "MS. presentation inscription from the author to Angela Burdett Coutts; with her bookplate" ;
    bf:shelfmark "C.188.a.126" .
	      

3.14.1. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: ウェブ指向アーキテクチャ, リソース識別, 語彙の進化, グローバルシステムの利用によるローカル拡張

3.15. 目録インターフェースの多言語表示

カナダ国立図書館は広範囲に及ぶ全国コレクションにフランス語と英語の2か国語のインターフェースを用意することが要求されている。BIBFRAME語彙(クラスとプロパティ)はURIであるので、このような要件に応えるためにこれらのURIに多言語の人間可読ラベルを付けることができる。

以下の例は、異なる人間可読名称と定義情報が同一の概念にどのように使用されるかを示している。

<rdfs:Class rdf:about="http://bibframe.org/vocab/Work">
  <rdfs:label xml:lang="en">Work</rdfs:label>
  <rdfs:label xml:lang="fr">Travailler</rdfs:label>
  <rdfs:comment xml:lang="en">A resource reflecting a conceptual essence of the cataloging resource.</rdfs:comment>
  <rdfs:comment xml:lang="fr">Une ressource reflétant une essence conceptuelle de la ressource catalogage.</rdfs:comment>
  <rdfs:subClassOf rdf:resource="http://bibframe.org/vocab/Resource"/>
</rdfs:Class>
              

3.15.1. 設計目標

このユースケースには次の要件と設計目標に対する動機が背後にある: リソース識別, 語彙の進化, グローバルシステムの利用によるローカル拡張, 国際化

4. 要件と設計目標

この節ではBIBFRAMEイニシアティブを方向づける要件と設計目標の概要を示す。

4.1. ウェブ指向アーキテクチャ

ウェブは考えうる最強の商用コミュニケーションプラットフォームの一つである。ウェブはこの10年間に現れた数多くの組織の活性化やビジネスのモデル化の発祥地である。ウェブの進化は、世界中の新旧ビジネスの様相を変化させる共同作業とソーシャル相互作用の刺激的な大転換を支援し続けている。とは言うものの、オンラインランドスケープは著しい成功と失敗の両者を含んでいる。失敗は通常、固定概念に囚われた組織が、運用モデルの矛盾や崩壊の影響を過小評価する一方で、革新や創造的であることに失敗した結果である。

ティム・バーナース・リーがリンクトデータに関する論文で概説したデータを共有する実用的手段としてウェブを利用するという指針を実現する非公式なコミュニティであるリンクトオープンデータ(LOD) が登場した。それ以来、W3Cは、セマンティックな特性を利用してウェブ本流を特徴理念づける実用主義を備えたウェブを高度化するというW3Cのビジョンに結び付くこのコミュニティに対する支援を続けている。

RDFの強調はW3Cに取っては自然であるが、LODを一歩進めた出来事は、一律に厳格なRDF形式にこだわることはおそらくウェブ開発者を納得させるための当面の戦略として最善ではないという影響力のある声の登場である。LODはRDFを概念的なグラフモデルとしてサポートしているが、どれか1つのシンタックスではなくインターリンキングや共有パターンをより強調している。煎じ詰めればRDFは単なるURIとリンク、ラベルにようやくされるので、これら3つを含む全てのモデルは容易にRDFシステムに組み込むことができる。LODコミュニティ全体はW3Cが主導するRDFコアの周辺に位置するものであり、データ公開のすべての利点を支援し、RDFやAtom,JSONなどはウェブ開発者がデータを改善するための単なるツールであると考える者である。

BIBFRAMEの要件はリンクトオープンデータのパワーとウェブ指向アーキテクチャの全ポテンシャルを活用することである。

4.2. リソース識別

BIBFRAMEは、ウェブアーキテクチャを利用してデータ、情報、知識を公開、共有、接続するための推奨されるベストプラクティスを定義する。このアーキテクチャの鍵となる要素はURI(統一資源識別子)であり、より一般的にはIRI(国際資源識別子)である。これらの識別子は名前やウェブリソースの識別に使用される文字列を提供する。このような識別は、特定のプロトコルを利用することでネットワーク(一般的には、ワールド・ワイド・ウェブ)を通じたウェブリソース表現の交換を可能にする。

BIBFRAMEリソース(著作、インスタンス、典拠、アノテーション)は、検索の主題または統制値のいずれかになることができる。RDFの用語を使うと、BIBFRAMEリソースは、アサーションの主語または目的語になることができる。BIBFRAMEの要件は、書誌的リソースの明確化と再編成を支援する方法として、これらのリソースがURIを使用して示されることである。

4.3. プロパティ識別

BIBFRAMEは、様々な種類のリソース、リソース間の関係、リソースに関する属性を記述するための一組の語彙を定義する。各語彙は、似たような名前の要素や属性の曖昧さを解消できるようにURIで定義されている。

4.4. 語彙の進化

提供コンテキストの定義やあるコンテキストにおけるデータは絶えず進化する。ここで定義された概念や用語がすべてのコミュニティのニーズを網羅したり、今後10年間ニーズが変わらないことはないだろう。BIBFRAME語彙は、対象となるコミュニティーの成長し進化するニーズに対応してコミュニティがこの語彙を拡張できるようにしなければならない。

4.5. ローカルによる拡張性

BIBFRAMEの潜在能力を最大化するために、モデルと語彙はシステムの弾力性を支援する形で他のローカルあるいはドメイン固有の語彙にこれらの概念を容易に統合できなければならない。

4.6. サードパーティの付加価値

議会図書館の記事「デジタル時代の書誌フレームワーク(2011年10月31日)」において、新たな書誌フレームワークは「アノテーション(レビューとコメント)や利用データを含む、専門家作成のメタデータ、自動作成のメタデータ、セフル作成のメタデータを格納し、互いに区別する」方法を必要としている。リソースの全ライフサイクルを通じて自動または人間による処理でメタデータを追加できる能力はBIBFRAMEの要件である。

4.7. データ交換を支援する定義済みのシリアル化

BIBFRAMEは図書館や図書館システム間でのデータ交換のための基礎となるので、より一貫性があり、構造的なBIBFRAMEデータの交換を支援するため様々なリンクトデータパターンが定義されている。BIBFRAMEを容易にするために、相互交換のための基礎として必須のRDF/XMLシリアル化が定義されている。

BIBFRAMEは(RDFモデル同様)URIとリンク、人間可読なラベルに還元できるので、これら3つを含むすべてのシリアル化をBIBFRAMEの交換フォーマットとして容易に使うことができる。BIBFRAMEデータのローカルの交換には他のシリアル化(NTriplesやTurtle, RDF/JSON, RDFaなど)を利用することができる。しかし、BIBFRAMEアプリケーションは他のシリアル化フォーマットに加えて、必須のシリアル化であるRDF/XMLをサポートしなければならない。また、優先するレスポンス形式を知らせるためにコンテンツネゴシエーションや適当なメディアタイプ指定を使用することができる。

4.8. オントロジーメカニクスの最小化

BIBFRAMEの設計目的はシステムをまたぐクエリや処理に必要な特別なオントロジーの量を最小にすることである。

4.9. ウェブ指向検索

ウェブ指向のクエリ言語はウェブデータパターンのマッチングや検索作業を左右する追加データの提供の手段として有用である。そのような言語は理想的には(1つ以上のRDFトリプルパターンからなる)問い合わせを満たすグラフパターンを指定することによりクエリにマッチするグラフを限定する機能を持つべきである。また、クエリにより0以上の変数バインディングが返されることが可能であるべきである。バインディングの各組は対象となるグラフからクエリに合致する1つの解である。/p>

SPARQLはこのような検索をサポートするRDFクエリ言語である。SPARQLは必須要件ではないが、以下の高レベルな概要ではBIBFRAMEのパターンを識別する柔軟な方法および将来のBIBFRAMEサービスを支援する一般的なAPIとして、そのようなクエリ言語の可能性と潜在力を示す方法として紹介されている。

4.9.1. SPARQL

以下のSPARQLクエリはSPARQLの主要な構成要素を示すことを意図している。

PREFIX bf: <http://bibframe.org/vocab/>
SELECT ?title
FROM <http://loc.gov/catalog/dataset.rdf>
WHERE {
  ?x bf:title ?title .
}
ORDER BY ?title
		

PREFIXキーワードはURIを省略するためのプリフィックス(あるいは名前空間)定義を記述する。

SELECTはSPARQLにおいてもSQLとほぼ同じ機能を提供する。すなわち、単に何らかの条件にマッチしたデータを返す。特に、各マッチ結果が行で各カラムが特定の変数の値である場合、SELECTクエリはシンプルな表形式で表現されたデータを返す。

FROMキーワードは問い合わせ対象のRDFを定義する。

WHERE節はマッチさせるクエリグラフパターンを指定する。これはクエリの核心である。グラフパターンとは要するに変数を持つRDFである。

ORDER BYはクエリ結果の再配置に使用されるソルーション変更子の1つである。

4.9.2. SPARQLとHTTP

SPARQLプロトコルは単なるHTTPリクエストによるSQARQLクエリを可能にする。APARQLエンドポイントはSPARQLプロトコルを実装した単なるサーバーである。

たとえば、次のコマンドを実行すると:

curl –I http://dbpedia.org/sparql?query=PREFIX%20rdf%3A%20%3Chttp%3A%2F%2Fwww.w3.org%2F1999%2F02%2F22-rdf-syntax-ns%23%3E%0ASELECT%20*%20WHERE%20%7B%0A%3Fcity%20rdf%3Atype%20%3Chttp%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fclass%2Fyago%2FCitiesInOhio%3E%0A%7D%0A
		

次のレスポンスが返る:

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 29 May 2013 13:33:04 GMT
Content-Type: application/sparql-results+xml; charset=UTF-8
Content-Length: 96751
Connection: keep-alive
Server: Virtuoso/06.04.3135 (Linux) x86_64-generic-linux-glibc212-64  VDB
Accept-Ranges: bytes
		

この文脈において、SPARQLは単にWeb APIとして使用することができる。

4.10. 既存のレガシー検索テクノロジーのサポート

BIBFRAMEによる書誌リンクトデータ世界と図書館産業に馴染み深い既存のレガシー検索テクノロジーを橋渡しできることは重要である。以下の例は現在インストールされているシステムをBIBFRAMEデータの保存に活用する可能性を追求することを意図している。

4.10.1. SRU

BIBFRAMEのSRUサポートに関しては、SRUによる検索・返戻・診断メッセージに関して拡張とプロファイルの作成が 必要になるだろう。

4.10.2. SRU検索

BIBFRAME用のCQLコンテキストセットが定義されるべきである。BIBFRAMEプロパティに対応して、既存のコンテキストセットで定義された索引が存在しない場合は、このセット内で索引が定義されるだろう。

たとえば、あるBIBFRAME著作(著作識別子は知られている)があれば、人はその著作のインスタンスを検索したいと思うだろう。

それで、著作の識別子が http://example.org/A02-2009-00000001-4 で、データベースがインスタンスレコードで構成されていると仮定すると、次のクエリ

bf.instanceOf=http://example.org/A02-2009-00000001-4

はこの著作のインスタンスを探すだろう。ここで 'bf' はBIBFRAMEコンテキストセットのプリフィックスであり、'instanceOf' はこのセットで定義された索引である。

さらに、データベースが著作とインスタンスで構成されている場合は、クエリでインスタンスレコードに制限する必要がある。この場合、クエリは次のようになるだろう。

bf.instanceOf=http://example.org/A02-2009-00000001-4 AND  bf.resourceType=instance

ここで 'resourceType' は bfコンテキストセットで定義された索引であり、その値は 'instance', 'work'などである。

BIBFRAME検索での使用に適した索引が他のコンテキストセットですでに定義されている場合もある。索引を重複して定義しないように注意する必要がある。たとえば、 'bath'コンテキストセットがある。

http://www.loc.gov/standards/sru/resources/bath-context-set.html

それでたとえば、統一タイトルや主題件名で検索したい場合は、bath.uniformTitle や bath.topicalSubjectを使うことができる。

したがって、BIBFRAME検索で使用するコンテキストトセットの決定するには分析が必要だろう。既存のコンテキストセットのリストはhttp://www.loc.gov/standards/sru/resources/context-sets.htmlにある。

4.10.3. SRU返戻

SRUリクエストにはレスポンスレコードの望ましいフォーマットを指定するパラメタが含まれている。たとえば、

 . recordSchema=mods
		

はMODSレコードが望ましいことを示している。

既知のスキーマのリストはhttp://www.loc.gov/standards/sru/resources/schemas.htmlにある。

これらはすべてXMLスキーマであることに注意されたい。SRUレスポンスレコードはXMLでなければならないので、recordSchemaパラメタはMODSなどのXMLスキーマを示している。BIBFRAMEに関しては、おそらくXMLスキーマは存在しないと思われる。そして、SRUを使ってBIBFRAMEレコードを返戻する際には、レスポンスレコードはたぶんRDF/XMLになるだろう。そのため、おそらくこのリストに、RDF/XMLによる”BIBFRAME”レコードを示すダミーのスキーマ名が定義されるだろう。

4.10.4. SRU診断メッセージ

A list of SRU診断メッセージのリストはhttp://www.loc.gov/standards/sru/resources/diagnostics-list.htmlにある。ほとんどすべてのBIBFRAME診断メッセージはこのリストでカバーすることができる。しかし、BIBFRAMEのサポートに必要な新たな診断メッセージを追加することが可能である。

4.10.5. Z39.50

Z39.50はSRUより煩雑なプロトコルである。しかし、上で述べた項目、すなわち、索引、レスポンスフォーマット、診断メッセージに直接対応するものがある。また、Z39.50は次の2点に関してより柔軟である。(1)レスポンスレコードがXMLに限定されない。(2)Z39.50リクエストにはdatabaseNameパラメータがあり、たとえばインスタンスなど特定のレコードタイプにクエリで限定することが容易である。また、この目的のために索引を定義する必要もない。

4.10.6. Z39.50検索

Z39.50は、理論的にはCQLコンテキストセットに類似する「属性セット」を持っている。これは何よりも索引を定義する("use"属性と呼ばれている)ものである。しかし、実際は唯一'bub1'と呼ばれる属性セットがあるだけである。http://www.loc.gov/z3950/agency/defns/bib1.htmlを参照されたい。bib1セットを使って、たとえば、"personal name", "corporate name", "conference name" , "title"などで検索することができる。また、何百もの索引が定義されているが、その多くはほとんど利用価値の無いものである。Z39.50用のBIBFRAMEプロファイルではBIBFRAMEプロパティとbib1 use属性とのマッピングを提供するべきである。なお、必要な索引をリストに追加することは簡単である。

4.10.7. Z39.50返戻

Z39.50リクエストには要求するレスポンスレコードのシンタックスを示すパラメータが含まれている。これらのリストはhttp://www.loc.gov/z3950/agency/defns/oids.html#5にある。これらはISOオブジェクト識別子により識別される。この識別子は "1.2.840.10003.5.xx" の形をしており、1.2.840.10003はISOがZ39.50に付与した基底オブジェクト識別子であり、'.5'はレコードシンタックスを表す。たとえば、MARC21(元々はUSMARC)の識別子は1.2.840.10003.5.10である。

上記のサイトで1.2.840.10003.5.109までスクロールダウンして欲しい。これはZ39.50でシンタックスをMIMEタイプで定義するための基底オブジェクト識別子である。1.2.840.10003.5.109.10は"xml(バージョン指定はなし)"に定義されている。また、1.2.840.10003.5.109.10.1.0と1.2.840.10003.5.109.10.1.1は各々XMLバージョン0とバージョン1に定義されていることにも注意されたい。これはおよそ15年前に設定されたものであり、完全に考えぬかれたものではない。しかし、一般にxmlについて言えばおそらく"バージョンなし"の識別子が使用されるべきである。これはBIBFRAMEの望ましいシンタックスとしてrdf/xmlを識別するのに十分であるにちがいない。すべてのレコードはBIBFRAMEレコードであるのですべてはrdfであると仮定できるからである。jsonやturtleなど他のrdfシリアル化にはオブジェクト識別子を新たに定義する必要があるだろうが、追加は容易である。

4.10.8. Z39.50診断メッセージ

一般的な診断メッセージはhttp://www.loc.gov/z3950/agency/defns/bib1diag.htmlにある。BIBFRAME用に診断メッセージを柄する必要があっても追加は容易である。

4.10.9. OAI PMH

メタデータハーベスティングのためのOAIプロトコル(OAI-PMH)はメタデータハーベスティングに基づくアプリケーション独立な相互運用フレームワークを提供する。OAI-PMHリクエストに対するレスポンスであるXMLデータはすべてXMLスキーマに対して妥当でなければならない。これはRDF/XML(ひいてはBIBFRAME)にとって問題である。RDF/XMLは一般化されたメタデータフレームワークを可能にするものであり、それゆえ、厳格なXMLスキーマ妥当性検証に合致しないからである。

注: RDFをOAI-PMHレスポンスに含めるためのスキーマが定義されているが、ここではスキーマは単にルート要素(rdf:RDF)を定義しているだけであり、コンテンツは'lax'検証を持つべきであると言っている(すなわち、スキーマは必要ない)。現在、このスキーマがどのような状態にあるかは不明瞭であるが、BIBFRAME更新の文脈において再検討されるべきである。

4.11. ウェブトリガーの有効化

ウェブトリガー(一般にはピングバックトラックバックウェブフックと呼ばれている)はユーザ定義のHTTPコールバックである。ウェブトリガーはウェブサイト間のP2Pコミュニケーションおよび通知のためのRESTベースのアーキテクチャである。プロトコルはプル型ではなくプッシュ型の原理に基づいている。他のウェブサイトと情報を共有したい場合、そのウェブサイトが自分(とその情報)を発見してくれるのを待つのではなくコネクションを開始するのである。

トリガーを使うと、サイトは関連のリソースに関してコミュニケートすることができる。たとえば、ブロガーAが何か興味深い・関連する・ショッキングなことを書いたことをブロガーBに通知したい場合、AはBにトラックバックピングを送信する。これにより2つのことが生じる。

  • ブロガーBは自分のサイトの特定のポストを参照しているすべてのサイトの一覧を自動的に表示することができる。これにより、Bのサイトの訪問者はブロガーAを含むこのウェブサイトに関連するすべてのポストを読むことができる。自動化クライアントもこの情報にアクセスすることが出来、クロスサイト交流グラフを作成することができる。
  • 外部のアクション(第三者によるリンクのクリックによるログエントリの作成)に依存する(リファラログなどの)暗黙のリンクに対して、ピングは2つのエントリー間の明示的リンクを提供する。

この種のトリガー使用の例が今日では複数存在する。トラックバックプロトコルがすべてのブログツールでの実装用に公開されている。GitHubのウェブフックはリポジトリが更新される度にウェブサーバと通信するためのトリガーメカニズムを提供している。この「ウェブフック」を使って、外部の課題管理システムを更新したり、継続的インテグレーションのビルドを開始させたり、バックアップミラーリングを更新したり、本番サーバのデプロイを行ったりすることができる。PubsubhubbubはAtomやRSSの拡張として強力だがシンプルでフリーのサーバ対サーバのウェブフックベースのpubsub(パブリッシュ/サブスクライブ)プロトコルを提供している。

図書館や文化遺産コミュニティはコミュニティによる連携協力を行っている。ウェブトリガーはこの連携協力を従来よりはるかに多面的な粒度や脱中心化した方法で加速する大きな機会を提供する。

4.12. 国際化と地域化

国際化と地域化とは、異なる言語や地域固有の違い、対象となる市場の技術要件にコンピュータソフトウェアを適合させる方法である。国際化とは様々な言語や地域に技術的変更なしに対応できるようにソフトウェアアプリケーションを設計するプロセスである。地域化とはロケール独自の要素や翻訳文を追加することにより国際化されたソフトウェアを特定の地域や言語に適合させるプロセスである。

データのウェブの高まりとともに登場したすべての課題に対処するために、BIBFRAME(と結果としてリンクトデータ)ツールは、発行されるコンテンツやそのコンテンツが書かれた言語に見られる不均一性を扱う方法を見つけなければならない。適切な国際化のサポートは多言語データの配布と消費のための要件である。

5. 未解決の問題

5.1. アノテーションのモデル化

本文書に見られるBIBFRAMEアノテーションはローカルシステムの処理における共有可能で抽象的な表現またはリソースの特徴描写を示すものである。この定義も本ユースケース文書で示されたアノテーション例も現時点におけるBIBFRAMEアノテーション作業に合わせたものではない。

5.2. 適用範囲

議論すべき価値のあるのはBIBFRAMEの適用範囲をどこに定義するかである。履歴と通知、監視は別の方法や別の語彙(たとえば、W3CのPROVは履歴を統合する有用な構成要素になるかもしれない。PubSubHubBubやNISOのResourceSyncは通知や監視に関して検討する価値があるかもしれない)でモデル化が可能である。検討する価値のある疑問はこの履歴や通知データを図書館や博物館などの間で「共有」したいと思うか否かである。これはBIBFRAMEの境界や、その結果としてBIBFRAMEをサポートするための語彙をどのあたりに定義するかを決定する際の助けとなるだろう。

5.3. 国際化とローカルタグ拡張子

RDFは国際化を念頭に設計されている。しかしグローバル標準一般がそうであるように、ローカルやコミュニティの慣行に関してはわざと曖昧にしている。このユースケース文書においても取り上げていないローカル観光に関するいくつかの問題が存在する。たとえば、国際的な図書館目録規則においてBIBFRAME文字列の使用を促進するためにJörg PranteはW3Cの言語タグ拡張子を活用を提案した。通常、書誌目録規則は特定の国または言語地域内にのみ適用されるものであるので、タグクラウドの言語はその文字列が有効または対象となる範囲を示している(必ずしも文字列自身の言語ではない。翻字のように複数の言語が含まれる可能性があるからである)。たとえば:

  • "¬Der¬ Process"@de-DE-x-rak
  • "The Process"@en-US-x-aacr
  • "Aleksandr Pushkin"@en-US-x-aacr-transliteration
  • "Aleksandr Sergeevič Puškin"@x-iso-9
  • "Malcolm Pasley [Hrsg.]"@de-DE-x-rak

ここで

  • de-DE-x-rak --> この書誌記述文字列はドイツ目録規則(RAK)に由来する
  • en-US-x-aacr --> この書誌記述文字列は米国目録規則(AACR)に由来する
  • en-US-x-aacr-transliteration --> この書誌記述文字列は米国目録翻字規則(AACR)に由来する
  • x-iso-9 --> この書誌記述文字列は翻字のためのISO-9規則を使用して作成された

同様なコードを転記、記録、提供された文字列に適用できるだろう。

この提案を支持するユースケースは保証されている。このコミュニティ要件をサポートするローカル拡張子の規範的リストを議会図書館が管理することを検討することが提案されている。

6. 変更履歴

2013-08-01
アラン・ジーンが犯したタイポを修正
2013-08-01
XML実体をエスケープ
2013-08-01
3.7節の通知ワークフローを明確化
2013-08-01
正しい言語URIを追加
2013-08-12
設計目標の動機を変更
2013-08-13
非プログラマー向けにインスタンスデータが何を意味するかを説明するための最初のユースケースのインスタンスデータにアノテーションを追加
2013-08-13
設計目標から文書内の該当する節へのリンクを追加
2013-08-13
擬似インスタンスデータを説明するために検索/レスポンス文を追加
2013-08-14
スペルミスの修正
2013-08-16
名前とスペルミスの修正。重複センテンスの削除
2013-08-21
8月16日以後の修正分を適用