MARC-Bibframe変換の公開

米国議会図書館が公開しているMARC to BIBFRAME Comparison Serviceと同等なサービスをJPMARCに対して行うMARC-Bibframe変換を公開した。

Bibframeについては現在メーリングリストで議論が続いており、入力システムも公開されているが、書誌情報が具体的にどのようになるのかがよくわからないので、実際のMARCレコードと対比させることでBibframeの理解を助けるのが、本サービスの目的である。

システムは次のように動作している。プログラムにはRubyを使用し、アプリケーションフレームワークにはSinatraを使用している。

  1. ISBNまたは全国書誌番号が入力された場合は、NDL Search SRU APIでNDL OPACのURLを取得。
  2. NDL OPACにアクセスし、MARCデータをダウンロード。
  3. MARCデータからMARC表示形とBibframe表現を作成して表示。

プロフィール
新着エントリ
アーカイブ