MARC-Bibframe変換ツールにFRBR変換機能を追加

米国議会図書館が提供しているFRBR Display Toolを使ってJPMARCをFRBRに変換する機能を追加した。

JCRには主標目の概念がないのでJPMARCにも1XXフィールドがない。そのため、現バージョンのFRBR Display ToolではWorkレベルに著者が出力されない。7XXフィールドから出力することが考えられるが、それにはmatch.xslを変更する必要があり、まだ未対応である。

なお、FRBR化を行っているFRBRize.xslはXSLT 2.0の機能を使っているが、libxslt-rubyはXSLT 2.0に対応していないので、XSLT 1.0で動くよう修正した。このファイルはここに置いた。


プロフィール
新着エントリ
アーカイブ